Skype算数・国語個別指導へようこそ!

中学入試の算数や国語は難しい

最近は特に、何年後かの大学入試改革を見据えてのことか、思考力が要求される問題が増える傾向にあります。

しかし

思考力が必要な問題が増えてきても、まず固めておかないといけないのはその土台。

土台がしっかり作れていなければ、思考力が間違った方向に向かってしまいます。

では、その「土台」とはいったい何でしょう。

算数の場合、それは計算力であり、それぞれの単元の基本的な考え方であり、基本的な考え方を組み合わせて使えるような整理する力や応用する力です。

計算力とは、単純計算を素早く正確にこなす力ですが、数の合成や分解などの工夫をし、暗算も活用出来るようになって、初めて総合的な、入試に対応できる計算力が身につきます。

単元の基本的な考え方、これは単に公式を覚えて使えるようになるだけでは役立ちません。底流に流れる本質まで理解することで初めて生きた知識となり、それを通じて身につけた公式や解法パターンが使えるようになるのです。

そうして、こういった本質、考え方の延長に、応用問題を解く力が作られていき、考える力が磨かれていくのです。

土台を固めていけば難関校に早く到達できる

ですから、まずは今書いたような「土台」を強固にしていく勉強を始めないといけません。

Skype算数・国語個別指導で、算数や国語の本質を身につけ、入試問題に対応できる力の基礎を磨きませんか?

会員登録画面に進む

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください